読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェコ1日目

旅行

旅行4日目。
今日はポーランドからチェコへの移動がメイン。
そんなに遠くはないはずなのに、飛行機の待ち時間で1日の半分を削り取られる。

f:id:k-hana-k:20160516174105j:plain

さようなら、ポーランドの料理たち。
おいしかったよ。
チェコはお隣の国だし、同じくおいしいといいな。

12:10 ワルシャワショパン空港へ。

f:id:k-hana-k:20160516174531j:plain

今回もまたおもちゃ飛行機だけど、人間すぐに慣れるもので、前回ほどの恐怖心はない。
あとは前回より少しだけ大きいのかエンジンのヤバい音は聞こえない。よかった。
ここで16時まで次の飛行機を待たなければならない。狂気を感じる。

日本時刻はちょうど夜で、みんな仕事が終わったころなのでLINEで相手をしてもらう。友達が裁判に巻き込まれそうになり示談金を払った話を聞いて笑いが止まらない。笑えない事態なんだけどあまりに生々しくて、ここ最近人と話していない私のツボを押さえた。弁護士無料相談に駆け込むというワードも、今旅行で「非日常」を楽しんでいる私のさらに上をいく「非日常」を味わっていて、もうだめ。おもしろい。日本が恋しくなる。

ふとワルシャワ条約という単語を思い出すが、どういう条約だったかは思い出せない。

16:50 プラハ到着。

f:id:k-hana-k:20160516174608j:plain

念願のプラハへ到着。
なぜ私がチェコに固執するのかというと、手描きアニメーションなどが盛んなイメージだから。

◆ここで唐突に趣味で作ったアニメーションを宣伝

あとはシャドウハーツプラハを拠点に世界救済活動をしていたから。
k-hana-k.hatenablog.com


空港へ着いたら、まずはホテルまでタクシーを手配する。 昨晩読んだ地球の歩き方によるとプラハはぼったくりタクシーの巣窟だそうなので、比較的良心的と謳われているAAAというタクシーを利用。

空港からプラハ市街地まではちょっと距離がある。荒い運転に30分くらい揺られて吐きそうになる。
市街地に着くとかなり車が走っていた。渋滞にハマったらしく、ホテルのちょっと手前で「もう降りて!ホテルすぐそこだから!」と言われる。
じゃあクレジットカードで…と言うと「oh my God!!!!」と叫ばれたので「わかった!!いいよ!!cash!!!! cash!!!!」と叫ぶハメに。
ワシは客だぞ。

18:40 ホテル到着。

5つ星ホテル。
確か3泊で3万円くらいだったはず。
ポーランドでは3つ星ホテル(3泊17000円)だったので、今回は奮発した。
バスタブ付き。ふっくりお風呂でお酒が飲めるね。

f:id:k-hana-k:20160516174809j:plain

なんとこの重そうなドアは自動ドア。(ただし5回に3回くらいは反応しないのでポンコツ)


早速チェックイン。
ちょっと親切にされすぎて引く。
やっぱり私にはビジネスホテルがお似合い。

f:id:k-hana-k:20160516174949j:plain

部屋はなんとダブルベッド。これでいつでもワンナイト可能。

f:id:k-hana-k:20160516175041j:plain

コーヒーメーカーがありテンションが上がるがやり方がわからずテーブルを水浸しにする。ツインの部屋なのでタオルが妙に多いのが助かった。

19:10 人形劇を見るべく移動。

f:id:k-hana-k:20160516175244j:plain

が道に迷う。お腹も空く。やる気が出ない。
20:00からの開演なのでこれはもう無理だな、と思いホテルへ帰る。

f:id:k-hana-k:20160516175349j:plain

レストランもまったく見当たらないのでコンビニでサンドイッチとビールを購入。お風呂で飲もう。乾杯!

22:00 就寝。

お風呂に浸かりながらビールを飲んで2ちゃんをするのが楽しすぎてあっという間に22:00になってしまった。
明日も早いしもう寝ようかな…と思っているとLINEが届く。

そうだ。明日は人と会う約束をしているので待ち合わせ場所を決めなければ。
知り合いの知り合い…つまりは赤の他人のチェコ人。日本語がぺらぺらで、仕事終わりにプラハを案内してくれるそう。心強い。
「待ち合わせはスタバ!スリが多いから気をつけて!」
やはりスリとは都市伝説ではなかったのか。とりあえず気をつけよう。

Google mapで指定された待ち合わせ場所を確認し、おやすみ!