じょんのび

https://twitter.com/9chiyo9

香港1日目

職場の先輩は旅行が大好きでピーク時は月1ペースで海外旅行をしている。
「今度香港に行こうと思うんですけど一緒にどうですか?」

5人乗りの車に8人がぎゅうぎゅうに詰め込まれ、時速150キロで高速(?)をぶっ飛ばしたとってもデンジャーな記憶が蘇った。

k-hana-k.hatenablog.com

やった~行きます行きます!
二つ返事でOKし、香港旅行が決定した。

「金曜、仕事が終わってから行くのはどうですか?深夜便です」
「この1時の便っすね!了解っす~」と自分のチケットを購入したのだが、木曜深夜の便だった。日を跨ぐやつはちゃんと翌日のを買わなきゃいけないんですって。
そんなわけで1日はやく単身出国することになってしまった。

香港到着

朝4時到着。
入国審査でスタンプが押してもらえず(時間短縮のためスタンプは押してくれないらしい)、悲しい気持ちで外に出る。

眠い。顔も身体もボロボロだった。
LCCの狭い機体、泣き止まない子供、堅い座席…ぐっすり眠れるわけがない。
空港でシャワーを浴びようと思ったのに待ち時間が2時間とあり、私はお風呂にすら入れていない。もうぐちゃぐちゃだ。

しかも電車も動き出していない。
以前の私なら迷わずタクシーを使っていたところだが、先輩と旅行をしてからは電車でその国の雰囲気を楽しむことを覚えたので、じっと始発を待つ。
化粧も終わり、コンビニで朝食を買って食べたところで電車が動き出した。

f:id:k-hana-k:20200604234735j:plain

香港の街並みを眺めながらホテルがある「奥運駅」を目指す。

f:id:k-hana-k:20200604234800j:plain

地震がない国のアホみたいに高いビルが大好きだ。
特に香港はぺらっぺらのビルが密集している。日本では絶対にありえない風景に心が踊った。

奥運駅到着

f:id:k-hana-k:20200604235719j:plain

ビルがでかいなぁ~。朝から太極拳?やランニングをしているみなさまもいらっしゃる。
爽やかな街かと思いきや、駅を離れていくと道路のコンクリートがひび割れていたり犬の糞が転がっていたりと雰囲気が一変した。

f:id:k-hana-k:20200604235814j:plain

f:id:k-hana-k:20200605000624j:plain

f:id:k-hana-k:20200604235803j:plain

昔ながらの商店から覗く高層ビル。
貧困層と富裕層のコントラストが激しい街だった。
ホテルへ向かって歩いているとどんどん人が減り、犬の散歩をしているおじさんに訝しげに眺められる。でかいキャリーケースをゴロゴロと引いている私は異物なのかもしれない。

ホテル自体はとっても普通のビジネスホテルという佇まい。
土地が少ない香港ではホテルが高く、安い場所を見つけるのが大変だった。値段を下げすぎると不安が残るホテルしかないし、清潔感を求めると料金が上がってしまう。このホテルは1泊5000円くらいで衛生面も良さそうだったので私の中の最大公約数ホテルだった。

フロントで愛想のいいおじさんが荷物を預かってくれる。
「台風大変だったでしょ?飛行機が飛んでよかったね」という項のことを言われたが英語スキルが終わっている私は「I can fly」しか返せなかった。
もう疲れてるし寝たいんだけどなぁと思いつつ、チェックインは14:00から。「楽しんできて!」と放り出されてしまった。

コーヒーが飲みたい

コーヒーを飲んだらちょっとはマシになる気がする。
ここに来る前、駅の近くでコーヒーショップを見つけているのだ。あそこへ行ってみよう。

なんだかちょっと高そうなコーヒーショップ。
ガラスのドアを開けようと思ったらガチャン!と音が鳴った。鍵がかかっていた。
なぜ?
だって中にはコーヒーを飲んでいるサラリーマンがいるのだ。なぜ私は入れないんだ?

あれ~?押すでしたか?引くで合ってる?と苦戦していると、中のサラリーマンが扉を開けてくれた。
わぁありがとう!

おしゃれな注文カウンターへ行くと「カードはありますか?」と聞かれた。
え、なにそれ…?よくわからないので私が持っているカードを差し出す。クレジットカードだ。
店員さんが私をバカにしたように笑う。
違ったようだ。じゃあ何のカードなの…?
店員さんが失笑しながらはいはいと私を追い払う仕草をした。ここは使えませんよということだ。

えええ…なんなの…えええ…店内の視線を浴びながら、ドアを開けてくれたおじさんにお礼を言ってすごすご退出する。
退出する際にロックの解除がいるらしく、ぽちっとボタンを押しながら合点がいった。

施錠される扉…求められるカード提示…高そうな店内…考えられるのは会員制カフェか…?

やだーめちゃくちゃ恥ずかしいじゃん!!!!きゃーーーー!!はわわわわ~と急いでショッピングモールへ逃げ込んだ。こんな目立つ場所に選民意識カフェを置かないでよ!
共感性羞恥心でみんな一緒に死んでください!

ショッピングモールのベンチに座りながらカフェを探す。
ここら辺は全然ない、というか早すぎて開いていない。もうこうなったら別の街に繰り出してみよう。

彷徨う午前

太子駅にて。鳥、見ます。
鳥を飼うのは風水的に良いとか富裕層の証だとかで香港ではよく鳥が売られているらしく、その中でも有名な「バードガーデン」というところへやってきた。

優雅なものを想像してたんだけど、ただ大量の鳥たちが籠に積まれて売られている施設だった。ボロッボロのスズメとかもいて、絶対そこら辺で取ってきただろと思いつつ見学。

その後近くにあったフラワーマーケットにも寄ったりしたが、よく考えたら私は花にまるで興味がない人生を送ってきたので店先にいる犬を見て和んだり香港っぽい路地を探したりした。

f:id:k-hana-k:20200605000545j:plain

女人街へ移動して市場でも見ようかと思ったが、何度地図の場所を行き来しても市場らしきものが見えない。
なぜ…?歩き疲れたのでスタバでコーヒーとケーキを注文。52ドル。たけ~。

女人街しょぼすぎて写真と全然違うじゃん…と地球の歩き方を見たら11:00~と書いてあった。
今10:30なんだから別にもうやっててもいいのでは…と思ったがGoogleでは14:00と書いてあったのでダイヤモンド社への憎しみが芽生える。
地球の歩き方は結構間違った情報が掲載されていることが多く、もう卒業時かもしれない。

油麻地

寺見に行こ。寺。
寺は裏切らない。

f:id:k-hana-k:20200607115311j:plain

ということで天后廟へやってきた。

f:id:k-hana-k:20200607115357j:plain

普通にお寺自体もきれいなのだが、お寺の前にある広場が大変素晴らしく、家族連れからホームレスまで幅広い人々の憩いの場になっていた。
お父さんが少年にハーモニカを演奏している対面ではパジャマ姿のおじいちゃんがクラッチバッグを持ってせかせかと歩いている。
石のテーブルは囲碁の盤のようになっており、おじさんたちがテーブルを囲んでひと勝負。

香港の街はかなり活発に人々が生活している印象を受けたが、ここではみんなのんびりしている。
寝不足であるにも関わらず香港の街のパワーにあてられてクラクラしていた私にはほっと一息付ける場所のように感じた。

これは…飲まなければならない!
すぐにコンビニへ駆け込みビールを買ってきた。

f:id:k-hana-k:20200607125424j:plain

暖かい日差しの中で飲むビールはとてもおいしく、こういう広場があればうつになりにくいだろうなぁとしみじみした。
そんなこんなでもう14:00。一旦ホテルへ戻ってシャワーを浴びたい。

ホテル

f:id:k-hana-k:20200607130054j:plain

えっ、独房じゃん!って思いませんでした?
私は思いました。

これで全部。ベッドの隣が見えなくなっているけどすぐに壁って感じで、もうほんとキュウキュウの状態。
隅には埃もありヒエ~となったが5000円なので仕方ない。
シャワーもこれ私回転できるか…?という狭さだったが浴びれるだけマシである。

ギトギトの髪がさっぱりしたところで、はて夕食でも食べに行きましょうか。
寝不足で頭がクラクラしているが、せっかくなので市場を回りたい。

女人街

朝方訪れたときは何もなかった場所にテントが立ち並び観光客で賑わっていた。

観光客、多いなぁ…。そうなるとなんだか味気ない。
土産物も量産タイプだ。きっとみんな仕入れ先が同じだ。

何かいいパチモンでもないかなぁ…と探しているとパチモンエコバッグ屋さんが現れた。

最近のパチ屋さんは「公式と違う風にしたらウケる!」と思っているのか、公式ではやらないようなことを高い画力で表現していることが多い(ムキムキのドラえもんとか、暴言を吐くアンパンマンとか)。
パチ好きとして「そうじゃないじゃん!!!!」と声を大にして叫びたい。
そういうのはインターネットの大学生たちに任せておけばよくて、「頑張って似せようとしてるけど画力が低いorそのキャラクターに対しての知識が何もない結果生まれるどうしようもないバランス」が好きなのだ。

そのエコバッグたちは「頑張って公式に似せようとしているけど何かが違うパチ感」があったので気に入った。日清の出前一丁の男の子のキャラクターや絶妙なドラえもんが売られている。

f:id:k-hana-k:20200607130420j:plain

公式感があるがドラえもん同士がチュウをしているのだ。たぶんダメだ。
私はこれが気に入ったのでドラえもんのエコバッグと、もうひとつピカチュウのポーチを購入した。
ピカチュウは後日ピカチュウ好きの同僚に渡したがあまり喜んでもらえていなかった気がする。もしかしてピカチュウガチ勢にパチモンは渡してはいけないのかもしれない。

ちなみにエコバッグはペラペラ感がまったくなくて非常に頑丈にできており、今でも大事に使っている。また欲しいんだよなこれ。

途中、文房具屋さんに入る。韓国語が書かれたセーラームーンを発見し、胸が躍った。
日本IPの韓国語版を香港で買うというのがちぐはぐで面白くてついつい買ってしまった。会社の人にあげよう。

男人街

f:id:k-hana-k:20200607130708j:plain

私はこっちの方が好きかな、なんか雑多で。
屋台だけじゃなくてお店も昔ながらの雰囲気を持っている。

ふらふら歩いてみたがもうお腹がすいてしょうがないので上野や浅草で見かけるような吹きさらしのお店へ。

ここは海鮮が有名みたい。
いろいろ頼んでみたいけど、香港はシェア文化。
以前台湾にて日本の居酒屋テンションでたくさん注文したらとんでもない量がやってきたことを思い出し、おとなしくビールとおかゆ(小)を選択。

f:id:k-hana-k:20200607130824j:plain

小でこのサイズ。
私の選択は間違っていなかった。

うううううううううううううううううううううううううううううううううううううまい!!!!!
信じられないうまさ。
何かやばいものが入っているのでは?うますぎて死。

さっき調べてみたんだけど多分ここかな。
https://tabelog.com/hongkong/A5214/A521401/52000981/

うめぇぇぇぇとパクパク食べている隣にいた大家族の子供が話しかけてきた。
な、なななななに??

カメラの形をしたUSBを見せてくる。
「あぁあぁ~~!?同じだねぇ!?」
思わず日本語が飛び出した。
どうやら私の一眼レフと同じと言いたいらしい。
えーくそかわいいね。
一瞬向こうのご家族の「あ、この人外国人か」という間があったが案外日本語でも伝わるもんだな。
「cute!!!!!」という思いの丈は伝えておいた。

あーお腹いっぱい!
ビールはちょっと水だったけど大満足です!!

独房へ帰ってシャワーを浴びたらもうヘトヘト…。
明日はついに先輩がやってきてくれるので5時起きなのだ。
目覚ましをセットしておやすみなさい!